お問い合せHOME
公益社団法人 武蔵村山市シルバー人材センター

会員になるには

センター紹介

 公益社団法人 武蔵村山市シルバー人材センター

 武蔵村山市は、昭和29年に村山村から村山町となり、昭和45年に市制を施行し、現在に至っています。 平成30年4月1日現在の人口は72,510人(31,445世帯)で高齢化率は30.7%(60歳以上人口(22,287名)/総人口)です。

 当センターの平成30年3月末現在の正会員数は、1,132名でうち男性693名・女性439名で60歳以上人口に対し、入会率は5.1%です。

 役員構成は、会長をはじめ理事10名・監事2名の12名、事務局は正職員6名体制です。

 平成29年度の実績は、総契約金額約4億6千500万円・公民比率は公共59:民間41・会員年間就業率は80.6%・延日人員132.174日人でした。

 これらの数値が評価され、厚生労働省の格付けランクが、平成22年度よりBランクからAランクへと昇格しました。 人口7万人規模のセンターがAランクに昇格することは,非常にまれなことであり、地域の皆様の暖かいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

 施設を使用した事業活動として、武蔵村山市から委託されているミニデイサービス「悠遊」・ 女性会員活動による「しるばっ娘」及び襖・障子張り・内職作業・理事会等の諸会議があります。

また平成24年度より、市からの委託による村山団地暫定管理地区で「ひまわりガーデン武蔵村山」の管理を受託し、8月2日に開園し、みごと大輪のひまわり50万本を咲かすことができました。

過去の事業実績はこちらをクリック
「1979−2018事業実績」(PDF)



©2010 公益社団法人 武蔵村山市シルバー人材センター.All Rights Reserved.